110キロあった私が15キロ痩せた話

私は中学の時野球部でした。その頃身長180センチ近くで体重70キロ程度。

3年の夏の大会が終わり受験に向け引退。今まで毎日みっちり野球をしてきたのですがそれがなくなってしまいました。

しかし食べ盛りの時期で食べる量を減らせませんでした。

その結果私は僅か半年の間に20キロも太ってしまったのです。

高校では野球部に入りませんでした。その結果3年間で10キロ増。

さらに浪人時代も10キロ増えてしまい、気が付けば私の体重は110キロに。

これはさすがにマズイと思いダイエットを始めました。

この時21歳。食べる量を減らし毎日ランニング。

すると1か月で3キロ痩せました。2か月目も3キロ減。

そもそもの体重が重すぎるせいもあってか、ダイエットを始めると順調に体重が落ちていったのです。

こうなってくると体重が減ることが面白くなっていきました。

走る距離を延ばしていったり、タイムを計ってみたりもしました。

あまりに楽しく、一度体調不良でアルバイトを早退したことがあったのですが、家で休み少し落ち着いたら

どうしても走りに行きたくなり、結果余計に体調が悪くなったことも。

それだけダイエットの効果が出るのが嬉しかったのです。

こうして7か月程で15キロ体重が減りました。

しかし久々に会った友人に「痩せたでしょ」と言ったら

「どこが?」と返されてしまいました。

そうです、15キロ痩せたとはいえまだ私は95キロもあったのです。

しかし体重が減ったことで身軽にもなりました。

これからは体重を増やしすぎないようにしたいと思った出来事でした。

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)