ダイエットする前に頑張っている自分に自信をもって!

色々やりましたが3日坊主でした。ダイエットは辛いイメージがあり、そのまま辛いダイエットをしてしまい、結果続かないのです。学生の時はずっと食べていました。美味しくて、またストレス解消に。そんな自分を変えたくてダイエットという本を読み、実践する。結果を早く求めすぎて「何故痩せないのだろう」と思い、また自信喪失。

そのまま社会人となり、忙しくて食べる暇もなく働き、気がつけば標準体重になっていました。しかも、自分自身何かダイエット方法を試したわけではなかったのです。ただ一生懸命目の前のことに取り組み、ダイエットという言葉に囚われないで生きていた結果なのです。ある意味、ダイエットを意識しない、むしろ心地よく痩せていっているときにダイエットと呼べるのかもしれないのです。

それからというもの、ダイエットという言葉はほぼ脳裏になく、毎日生き生きと子育てする自分がいます。痩せようと思っていないのに「痩せている」と言われる。嬉しいです。毎日忙しいですが、感謝して生きている自分がいます。学生時代のダイエットという言葉に囚われ、伴わない結果に悩むこともなくなりました。いい意味で自分に自信を持つことがダイエットなのかもしれません。

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)